「住み心地」のある一戸建て

「住み心地」のある家

一戸建てにとって最も重要なのは「住み心地」です。住み心地とは個人個人の感覚であり、その感覚は千差万別です。新築の一戸建てだから住み心地がいいとか、便利な装備がたくさん付いているから住み心地がいいというものではありません。家は個人個人の感覚に合わせて改良し熟成させていくものです。ところが、独自工法でつくられた一戸建ての場合は、建てたメーカーでないと、リフォームができない場合が多いのです。

interior-791708_640

一戸建ては年月を経るにしたがい、さまざまなところが傷んできます。傷んだところが多くなると、当然住み心地が悪くなります。住み心地が悪くなった一戸建てでは愛着も薄れてきます。愛着が薄れるということはどういうことでしょうか?人生の中で一番長く時間を費やす場所に愛着が持てなくなるということは、不幸を背負い込んで生きること、といってもいいでしょう。そこで、人は考えてしまいます。
「建て替えようかな」と・・・。

短命住宅はすなわち「さわれない一戸建て」です。自分で補修や改良(リフォーム)ができる家であるなら、いつまでも愛着が持てる一戸建てとなるはずです。建てたメーカーでないと解らない構造を持つ家をつくり続ける大手住宅メーカー。以上は、その独自工法についての私見です。

home-663224_640 (1)

もちろん、独自工法を除けば、大手住宅メーカーは、研究開発費を投入してお客様の住環境を良くしようと日夜努力しています。また、住宅産業全体の新技術の導入や住宅の仕様の底上げにも役に立っています。ものごとには、プラスの面とマイナスの面が必ず存在します。そのことを忘れずに、家づくりを始めていただければと思い、あえてあまり聞くことがないであろう、大手住宅メーカーの批判を書いておきました。

名称未設定-12のコピー2